背中から流れるようなラインのうなじ

セクシーな首すじから胸元

やさしくささやき、微笑む口元は

女性だけでなく、男性も
いくつになっても
素敵な印象を与えてくれますよね。

鎖骨から首筋、口元にかけての
デコルテラインは
生活感や年齢が出やすい場所。

気をつけたいものです。

 

 

また、施術を受けにいらっしゃる方の
ほとんどがご本人は自覚されていませんが
首が凝っていたりストレートネック。

首につながっている
頭蓋骨や背中との境目が
むくんでいたり盛り上がっていたりは
血液の循環が悪く、更に首を動かしにくくしています。

首と名前がつく場所は
血液・リンパ・老廃物の関所。
流れの良さが見た目にも現れやすいものです。

 

下記のような不調に心当たりのある方に
おすすめなポイントをご紹介します。
(痺れやろれつが回らないなどの場合は
医療機関へ行かれることをおすすめします)

 

 

首こりからくる不調

耳鳴り

めまい

偏頭痛

歯ぎしり

過度な食い縛り

視力低下

目のかすみ・ちらつき

顎関節症

眼瞼下垂

顔面麻痺

うつ

円形脱毛症

精神疾患など

根本的に改善するための7つの方法

  1. 姿勢を変える

  2. ほぐす

  3. ストレッチ

  4. 頚椎カーブに合ったまくらに変える

  5. 視力の調整

  6. ストレスの軽減

  7. 呼吸方法を変える

 

 

 

たるみを作るスマホ姿勢

phone20150302

こ、怖いです…
横からの、下からのそのお顔
意外と長時間しちゃってますよね。
筋肉は縮むことしか出来ないので
表面の皮膚はシワシワになってしまいます。


理想的な姿勢を意識して

真っ正面を向いて

普段から首は骨盤から遠ざけるように

伸ばしましょう。

 

PC作業をする時に気をつけたいこと

ついついやってしまうのは
ディスプレイを覗き込むように
前のめり姿勢。

IMG_7655-1

気をつけておきたいポイント4つと発展症状

  1. 腰を反らす → 腰痛

  2. 腰を寝かしたダラ座り → 背中痛

  3. 腕の伸ばし過ぎ → 首肩こり

  4. 首を前に画面を覗き込む → 首肩こり

     

IMG_7654-1

正しいデスクワークの姿勢ポイント4つ

  1. 視線はディスプレイに対してまっすぐ → 首肩こりの予防

  2. ヒジは直角 → 首肩こりの予防

  3. 脚の付け根を直角、座骨で座る → 腰痛・背中痛の予防

  4. ヒザを直角 → 足裏でも体重を支える

     

姿勢のバランス前傾、後傾を知る動作

頭が天井から吊り下げられているように引き上げる

胸から後ろに振り返る

いちばん振り返りやすい場所が正しい姿勢のバランスです。

 

さらに、〜ながらエクササイズ

下半身のむくみ解消とウェストシェイプ

バランスボールに座り

作業中にも骨盤を前後左右と8の字運動

お腹をへこませたドローインをした状態で

行うと効果アップです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

333
333

美脚のヒミツ

333

産前産後ケア

ページ上部へ戻る