おしゃれなレインブーツの〇〇が困るんです♡真美体method Premium Program 7th session report

真美体デザイナー 長谷川晶子です。

お2人目のご出産をされて8ヶ月のmichiyoさんは、真美体メソッドプレミアムプログラム7日目のセッションにいらっしゃいました。

3ヶ月後の10月末育児休暇あけの復職に向けて目指す目標は

疲れをリセット
出産前への体重減量
メリハリのあるボディライン
安定した姿勢が取り入やすい身体
愛するご家族とも余裕や自信をもったママでありたい

などなど…

Michiyoさんは産後から体重やサイズを計測・データ管理されたり、育休中に「やっておきたいことリスト」を作ったりととても几帳面なので、毎回の身体の変化を実生活でもしっかりと確認されています!


7th  session   

秋梅雨に入り、毎日のように曇り空と雨、体調を崩されている方も多いですよね。

そんな中、今日のMichiyoさんはレインブーツ姿でいらっしゃいました。

そこからちょっとした気づきがあったのです。

私「レインブーツって歩きやすいですよねー?」

M「え?歩きにくいですー」

なぜ…?

 

Michiyoさんの歩き方は、つま先が内側を向く癖がありました。

足うらからの調整を含め身体を整えて、いつも歩き方や日常動作を気をつけて生活していらっしゃり、改善傾向にあります。

また更に身体が引き締まってきました!!

普通の靴とは違って、レインブーツは硬く柔軟性がないので、足首が固定された状態。

 

なので指先が内側を向いて、足首を外側から内側に向けた動きがしにくくなります。

気をつけていても、普通の靴では足首は固定されていないのでつい癖が出ています。

そしてレインブーツを履いた時に、違和感を感じるのです。

 

もし、脚が股関節からつま先までまっすぐに動いていたら、逆に歩きやすくなる訳です。

だとしたら、とても良い矯正用具じゃないですか??

まっすぐ脚の動きをレインブーツ歩行で身体に定着させることができますね。

 

 

つま先内側さんの脚の特徴は?

脚の外側をよく使うので、張っています。

張っているから、動かし辛くて内側が使い辛いので、膝やももで脚を運ぼうとして筋肉疲労や痛みが出てきます。

 

更に、脚全体が動かし辛いため、股関節から歩幅を大きく動かせないようになるため、ちょこちょことした歩き方や、下半身のむくみや骨盤周りにお肉がつくことに。

 

改善するためには

まず張りを取り去り、関節や筋肉が最大限に動ける環境をつくること。

そして、まっすぐな動かし方を身体に覚えてもらうの順番です。

 

いよいよプログラム後半、Michiyoさんの動作チェックをしならがそのまっすぐな動かし方を身体に覚えてもらいます。

今までとは違う、踏み出し前進する動き。メンタルケアも含めて進めていきますよ。

 

次回をお楽しみに!

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚

女性らしい しなやかな 身体になる 
✴︎究極のデトックス&ボディメイク✴︎

よどみなく 澄みきった 
真に美しい身体を取り戻す 
プレミアム全身調整

真美体デザイナー 長谷川晶子 

★ご提供中のmenu
http://su-on.net/menu

★HP  http://su-on.net
★お問合せ http://su-on.net/contact


南北線/三田線直通
東急目黒線 西小山駅(各駅停車)より徒歩7分

 

゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

333
333

美脚のヒミツ

333

産前産後ケア

ページ上部へ戻る