春は肝臓と小腸のデトックスしてました

春に向けて寄生虫は小腸に卵を産むなんてことが、信じられないけど本当は人の中で起きている。

 
胆石って、肝臓の解毒作用を高めるために分泌される胆汁の成分が胆嚢や胆管に溜まって、いろんな大きさに固まって便に混ざってたくさん出てくる。 

 
胆石の色は胆汁の濃い緑や、脂の黄色などなど。

大きさは砂つぶからわたしの場合は2センチ位あった。
 

 

思考や心への影響もある。

 
小腸は感情と深くかかわりがあり、子どもの成長時期に 自分の感情を出してもいい、安全なんだ。という中で成長してきた体験があると、成人なってストレスを感じる出来事があっても、うまく感情を見たり、また必要なくなった感情を手放すことも出来やすい。

 
そういう経験がなかった人は、 自分の中から さまざまな感情が出てきたときに、蓋をしてしまうというパターンが身に付いている可能性もあり、自分の必要は満たされても願望までは満たされなかった環境で育っているため、自分の願望を無視し続けている状態がくせになっていることも。

 

 
また肝臓は怒りが溜まることは中医学でもよく言われていますが、このデトックスを進めていく中で胆石と一緒に出てきた感覚がありました。

 

 
ひと通り終えて身体も心も軽くなったけれど、他にもコーヒー浣腸もしたけど、かなりスゴいイベントなのでもうしたくない💦

 

その後毎日ストレスなく続けられるモリンガシステムに出会い2年。

 
いつも細胞が活性化されクリアで居られ、デトックスと薬効と栄養と代謝までと全身に作用する考え抜かれたものはわたしの知る限りでは他にないようです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

333
333

美脚のヒミツ

333

産前産後ケア

ページ上部へ戻る